玉石佳世のDIARY

9月ですなぁ。




夏はあまり好きじゃないけれど
今年の夏は例年に比べてあまりにもあっけなかったような。
茹だるように暑い日もあった気がするけれどそれももう
すでに少し遠い日に感じます。(わーい次は秋だ冬だ。)

夏があまり好きじゃないわたくしですが(ごり押し)
好物の桃をたくさん食べれる点は良いです。
しかし今年の夏は買った桃がことごとく甘くなかったり、
熟れるのを心待ちにしていたら待ちすぎてうっかり腐らせてしまったり(とても切ない)、
台所でようやくむき終えた桃にワイルドにかぶりつこうとしたその瞬間、
突如目の前にゴキ●リが出現し、「わーっ」とうろたえて思わずボトリと床に落としてしまったり。。。。(切ないどころの騒ぎではない)。
と、こんな感じだったので、
なんとなく桃欲求を満たされることなく秋へと突入しそうなところにやるせなさを感じます。

そんなある日、気まぐれに買ってみたネクタリン。
プラムといまいち区別がつかないネクタリン(プラムよりひとまわり大きい模様)。
食べてみたら、

美味。
乾いた皮からは想像もつかない黄色い果肉のジューシーさ。
甘い。味も桃にとてもよく似ている。
うーん。桃に執着するあまりノーマークだったぜネクタリン。
美味しいんだねネクタリン。
買ったやつがたまたま美味しかったのかなぁ。うーん。
でもまた買ってみよう。
何より剥かないで食べれるのがめんどくなくていいですね(ズボラ)。
  1. 2006/09/03(日) 23:13:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0