玉石佳世のDIARY

"#PrayForJapan" Art Fundraiser Exhibition

こんにちは!

以前からL.A.の展示などでお世話になっている敏腕キュレーターCaroさんが
チャリティーの展示を開催して下さるとのこと。参加いたします!
海外からのすばやい動きに胸を打たれます。心から感謝!ありがとうございます。

"#PrayForJapan" Art Fundraiser Exhibition

http://sweetstreetsla.blogspot.com/2011/03/pray-for-japan-limited-edition-print-by.html

http://www.japanla.com/blog.php

http://sweetstreetsla.com/?p=1409

100% Benefiting the efforts of the American Red Cross and Japanese Red Cross currently in Japan.
Exhibition runs March 19 - April 4, 2011.
Opening reception: March 19th, 2011, 7pm-10pm.
@ JapanLA
7320 1/2 Melrose Ave.
Los Angeles, CA 90046

20110316_848362_t.jpg

5530511781_e9e4db5132_o.jpg

今朝ニュースで、被災地の避難所にいるおばちゃんのインタビューを見ました。
「昨日までずっと泣いてたけど、もう泣いていられない!頑張らなくっちゃ!」と、
本当に辛い状況の中で気丈に語っておられました。
東北のみなさんのたくましさ、粘り強さ、スゴイです。

私は大丈夫な生活をしているのに、ションボリしてしまっていました。
いかんいかん、いかーーん!と思いました。
ニュースを見ては被災地になかなか救援の手が届かないことに胸を痛め、
何もできない歯痒さともどかしさで気持ちはどんどん沈んでションボリしてしまいますが、
とにかく小さくてもできることをして行こうと思います。

もちろん引き続き出来る限りの節電、わずかながらも募金、不要な買いだめはしない。
そして大丈夫な私達は、元気に、極力普段通りの生活をすること。
家族や友人と連絡をとりあい声をかけ合う。
すごくささやかでもひとりひとりがするこの小さなひとつひとつが、
被災地への力に、そして日本の未来につながると信じたいです。

計画停電にも慣れて来ました。
節電のため暖房を切った寒い室内もモコモコ厚着をすればなんのその。
電車が暗く暖房がついていないのも、お店の照明が暗いのも気になりません。
いかに今まで何の疑問も持たずに大量のエネルギーを使っていたのだろうと思います。
多くの人が色んなことに気づいているのではないかと思います。
一過性のものではなく、現在の状態が落ち着いた後も、
今回気づいたエネルギーを節約する意識や、他人を、近くにいる人を労り合う心などを持ち続けることができたら、
震災後の日本は前よりまたずっと良い国になるような気がします。

日本は今まさにターニングポイントにいるのだと思います。

この震災で色んなことを考えさせられました。
震災に関するたくさんの情報が飛び交っていますが、
それらを全部鵜呑みにして振り回されるのではなく、自分の頭で考えて見極める必要性も強く感じています。
とても難しいですけど。
首都圏で不安を煽られ不要な買いだめしてしまう人たちの気持ちもわからなくもないです。
その方達も家族を思ってのことなのでしょう。
でも私達は震災直後であっても略奪など決して起こらず、きちんとルールを守り、譲り合い、電車にだってきちんと並んじゃうという。。。
世界各地をビックリ仰天させるほど素晴らしい国民性を持った日本人です。
それぞれが頭を使って、想像力を働かせれば、少し冷静になって判断できる気がします。
今こそ日本人の良いところをフル稼働させてがんばりましょー!

先日の計画停電の時、真っ暗な室内の窓から外を見たら、信号ももちろん消えていましたが、
特に誘導する人もいないのに、車も人もゆずり合って、道路はきちんと機能していました。
すごいことだと思います。
部屋も外も真っ暗だったけれど、日本の未来は全然真っ暗じゃないなと感じました。

あらためて被災された方々に心からお見舞い申し上げます。
失われたたくさんの大切な命。お亡くなりになったたくさんの方のご冥福をお祈りいたします。
被災地で寒さや不安や空腹や、本当に辛い辛い状況と戦っている皆様、
その被災地の人々のために、今もなおそれぞれに力をつくして頑張っている皆様、
本当にお疲れさまです。

世界中の人々が日本をどうにか助けたいと思って下さっているし、
日本中の多くの人がニュースを見ては胸を痛め、どうにか被災地の皆さんの力になりたいと強く思っているのだと思います。
被災地の皆さんひきつづきどうかご無事で、微力ながら祈り、応援しております!
被災地でない私達もしょんぼりしがちですが、近くの人とや、メールで声をかけ合って元気出して参りましょう。
老若男女、日本人の誇りを持って、小さな事からがんばって行きましょー(:エ;)/!
えいえいおーー。


500円から簡単に募金できるサイト

Yahoo!の募金

iTunes Storeで募金

救援物資について、友人フクイさんのブログが素晴らしいのでご紹介します。
http://fukuihiroshi.blogspot.com/2011/03/317.html

Google 災害情報 ページ
避難所情報、炊き出し情報や 停電情報など必要な情報など。募金もできます。
http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html



  1. 2011/03/18(金) 12:35:33|
  2. EXHIBITION
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<希望を紡ぐ | ホーム | "mak展11"中止のお知らせ>>

コメント

本当にそうだよね、ターニングポイントだよね。
よく考えてみると、今までだって、例えば「原発なんて作らないでほしい」とは思っていたけど、ただ反対してるだけだったと思う。自分がむしろ加担してる側(無意識とはいえ)だという認識が全くなかった。これからは、加担してる人間の1人として、「頑張って節電するから、やめていきましょう」というスタンスをとらなきゃね。きっと今、たくさんの人が、それに気付いているから、それが希望です。特に私たちは、キレイごと、を作る職業なのだから、どんどんキレイごとを言って行こう!言っていたら、いつか本当になると思う!長文失礼!
  1. 2011/03/19(土) 18:04:10 |
  2. URL |
  3. kotori #6FDLvxXE
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>コトリちゃん
>kotoriちゃん
こないだはありがとうね☆
や~ほんと、そうだね。
今日本は確かにピンチだけど、日本中が、被災地を助けようとしているし、日本のこれまでのシステムに疑問を持ったり、色んな意識が高まってるから、日本をガラッと大きく変える(もちろん良い方向に)チャンスなんだと思う。
ここ何年かの日本は、知識や技術があっても、これまで当たり前だったことをガラリと変えるようなエネルギーが足りなかったのかもね。
一人一人の意識が高まってそのエネルギーがブワッと大きくなってる今、日本が良い方向に変わる大きな決断をいくつかする必要があるように思います。
またこの気持ちが萎えてきてしまい始めたら、またその方向に一斉に流されてしまうというのも日本人だから。
コトリちゃんの言う通り、たとえキレイごとであっても実現させたいことは今みんなでどんどん言っていったら、いつか本当になるよねきっと。えいえいおーー。
  1. 2011/03/20(日) 00:25:05 |
  2. URL |
  3. tamaishikayo #-
  4. [ 編集 ]

読んでて涙しちゃいました。私もわずかながら募金したり、エアコンもほとんどつけずに節電頑張ってます。私達の生活は福島の原発にこんなに頼っていたという事もはずかしながら、初めて知りました。いろんな意味で世界観が変わった気がします。しょんぼりしがちですが、日本人としての誇りを忘れずに、わずかでもできる事を探して、みんなで頑張っていきたいですね!
  1. 2011/03/21(月) 20:59:37 |
  2. URL |
  3. miho #-
  4. [ 編集 ]

>mihoさん
コメントありがとうざいます。
私もはずかしながら、福島の原発が福島や東北地方に電力を供給していないこと、全て関東地方に供給されていたことを今回初めて知りました。自分の日々の生活で当たり前のように使っていたエネルギーがどこから供給されているかなんて考えもしなかった気がします。今まであまりに知っておくべきことを知らずに生活してきたかと。。。(今も知らないことだらけですけど。。)無関心。そして無知。ダメだなぁと思いました。これからは少しずつ、この国の国民として知っておくべきこと、考えるべきこと、自分ができることについてちゃんと考えて行けたらと思います。今、一人一人の意識がこうして変化しつつある感じがします。希望を持ってがんばりましょね~。えいえいおーーー。
  1. 2011/03/22(火) 21:01:36 |
  2. URL |
  3. tamaishikayo #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tamaishikayo.blog58.fc2.com/tb.php/238-2c70574a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)